FC2ブログ
2005.11.26 (Sat)

11月26日(土)あれから1年

去年の11月27日、のんが脱腸になりました。あれはいつものようにお散歩を終えて、ご飯の準備をしていて、ふと、のんのケージを覗くとのんのケージにおいている木のおうちのティッシュが赤い のんはプチレットで毛づくろいしてました。そして、のんがまた木のおうちに戻って来る時に、のんのお尻から何か出てる獵 獵 獵 獵 獵 獵 獵 獵 獵  私は『令 令 令 』って感じでした。とりあえず、なんだかよく分からないけど、やばい状態だと思ってのんに触らずに何とかキャリーにおびき寄せて、急いで病院へ。でも、のんはまったく気にせずにいつものように行動してたんですけどね嶺  先生に診てもらったら、脱腸と言われました。出血もひどいのですぐに麻酔をして腸を戻す手術をすると言われ、非常に危険な状態だとも言われて、私はパニック聯 普通の脱腸は下痢などの症状があるらしいのですが、のんのフンチはその日もコロッコロしてましたし、何で脱腸になったかはまったく不明でした蓮  そして、先生の説明によると、脱腸は癖になりやすく、戻してもまた出てきてしまう場合もあるそうです。そのままのんを病院に預けて、一旦はうちに帰り、手術が終わり麻酔がさめる頃、のんを迎えに行く事になりました。  一旦、うちへ帰る帰り道は『非常に危険な状態』という言葉がぐるぐる回り、うちまで泣きながら帰ってきたことを覚えています。  手術を終えたのんを迎えに行くと、のんは何事もなかったような顔をして私を迎えてくれました。手術は腸を元に戻して出てこないように糸で縛っておくというものでした。糸でしばってあるけど、フンチは出るみたいでフンチがちゃんと出てるかどうか確認してくださいと言われました。  しばらくは安静が必要という事で、キャリー生活になったんですが、のんはイヤで網をカジカジカジカジしまくってました。そして、次の日も病院に行った時に分かったんですが、のんは勝手に自分で抜糸してました玲 抜糸したからもしかしたら、また腸が出てきちゃうんじゃないかとも思いましたが、そこはうまく収まっているようでそのまま回し車などをするとまた出ちゃう可能性があるということなので、安静生活なんですが、手や足を怪我しているわけじゃないのんは、動けないのでストレスたまりまくりみたいなので、先生に確認を取って、いつものケージだけど、回し車を外したところでしばらく生活する事にさせました。  が、回し車が無いストレスは相当なもののようで、ケージの2階で天井の網の部分をつかんで後ろに歩いていくという、ムーンウォークのようなワザを何回も見せてました。それもあってか、のんの左手の薬指がぷっくり腫れて、今度はその指を消毒するために毎日通院する事になりました。今もその指は爪が生えてきません。それを補うかのように、肉がこんもり盛り上がってます。 うちのハムズで、初めて麻酔を経験したのは、のんです。最初の麻酔は不安で不安で仕方なかったですが、今はあれ以来、腸も出てこず目にデキモノはありますが元気です 昨日の体重&回し車回転数/距離 もも・・・・62グラム    2,453 回   1.310 Km のん・・・・48グラム    3,404 回   1.604 Km ぎん・・・・66グラム    2,055 回   0,908 Km ゆい・・・・31グラム   36,503 回  13,761 Km
スポンサーサイト



01:57  |  のん  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

カレンダー(月別件数付き)

プロフィール

*最新の記事*

最近のコメント

最新トラックバック

過去ログ

カテゴリーメニュー

検索ぷらす

管理メニュー

RSSリンクの表示

QRコード

メールフォーム

角丸♪YouTube

誕生日まで

じゃんがりあんぴ~ぽ~

はむすた~ぴ~ぽ~

hamham.info

ブログペット

FC2カウンター

ダジャレ図鑑